発毛剤を正しく使用しないと副作用が危険@売れ筋商品の理由

AGA対策のジェネリック薬品と発毛剤

5αリダクターゼは、頭髪の細胞分裂を抑制する働きがあり、髪の毛が細くなって脱毛してしまう影響があります。

 

この症状を男性型脱毛症と言っていますが、これを改善するためには専用のAGA対策の治療薬を利用していく必要があります。

 

その多くの問題点はすでに検証して対策も分かっている状態となるため、より良いAGA治療薬を探す必要が出てきます。

 

国内で、育毛クリニックで処方される医薬品のブランドで合ったり、処方される量などが分かってきた場合、全く同じ成分のジェネリック医薬品を海外から手配して、自分でAGA治療を継続できる可能性があります。

 

クリニックで処方してもらう医薬品よりも、ジェネリック薬品を購入する場合相当にコストが安くなることがあり、長期的に薄毛対策を継続していく状況が考えられるので、コスト対策を優先するのであれば自前で治療薬を準備する対策が必要になってきます。

 

そして、毛根に発毛の刺激を与えるためにも発毛剤を同時に購入することが大事です。

 

発毛剤に関しては国内で有名になっているブランドがあり、その製品を購入すれば良いのですが含有している濃度や価格などを比較していくと、海外製品を利用した方が更なる高いメリットがあります。

 

男性型脱毛症に役立つ発毛剤は多くない

 

男性の多くを悩ませている男性型脱毛症ですが、実は男性型脱毛症に対してよく聞く薬は全ての製品を含めてもそれほど多くはありません。

 

医薬品に限定すればこの症状を根本から治療することが可能な薬はプロペシアという薬一択と考えても間違いないくらいです。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンが脱毛作用を引き起こす物質を生成することによって発症する症状であるため、いくら市販の発毛剤で対処をしようとしてもこの脱毛作用を引き起こす物質の働きを抑えない限りは発毛効果を発揮することができません。

 

そのため、男性型脱毛症を発症している人は何よりもまず男性ホルモンの働きを抑制するためのプロペシアという薬を服用しなくてはならないわけです。

 

最初にプロペシアを服用すると多くの患者は初期脱毛という現象に戸惑いますが、初期脱毛はこれから新しい髪の毛を発毛するために必要な現象です。

 

現在存在している古いタイプの髪の毛を脱毛させて新しい髪の毛を発毛するための準備段階ですので、初期脱毛が生じた段階で薬の服用をやめないように注意をしなくてはいけません。

 

それが終わってだいたい1年程度継続して薬を服用し続けると、実感できるくらいの発毛効果を期待することができます。

 

発毛剤の使用で体毛が増える症状

 

発毛剤として有名な成分としてミノキシジルがありますが、ミノキシジルは基本的には血圧降下剤として作られた製品です。

 

その為、高濃度のミノキシジルが体内に入ることによって、動悸が激しくなる効果や、狭心症のような症状が出る可能性があります。

 

その為、医師の処方が必要となるのです。

 

薄毛対策としてタブレットタイプのミノキシジルを利用する場合には、利用する濃度を自分で選択することができます。

 

5ミリグラムのミノキシジルを購入した場合には、タブレットを半分にカットして利用することができるので、2.5ミリグラムで利用することもできます。

 

こうすることによって副作用を大幅に減らすことが可能になります。

 

ミノキシジルの問題点はもう一つあり、体毛が大幅に増えてしまう可能性が有る事です。

 

髪だけのボリュームを増やすために利用するミノキシジルですが、髪の毛だけをピンポイントに増やす事は難しいのです。

 

体中の体毛が増加する傾向があるため、これまでの体毛の量とかなり変化が出てくる部分があります。

 

全体的に体毛が増えるのではなく、一部の毛だけが相当に伸びてしまうような部分も出てきます。

 

このような副作用を許容しながら使用する必要があるため要注意となります。